2015

Aug. 24, 2015

世界初、目線の動きでグランドピアノを演奏! ソフトウェア開発やイベントプロデュースで切り拓いた未来

世界初の視線追跡型ヘッドマウントディスプレイ「FOVE」の開発がスタートした後、FOVEの潜在能力を発揮する新プロジェクト「Eye Play the Piano」が立ち上がった。このプロジェクトにAID-DCC Inc.は、ソフトウェア開発などで参画。その成果は、2014年12月18日(木)、筑波大学附属桐が丘特別支援学校で開催されたクリスマスコンサートにて、FOVEを使って目線でグランドピアノが演奏される形で結実した。

世界初、目線の動きでグランドピアノを演奏!  ソフトウェア開発やイベントプロデュースで切り拓いた未来

制作者インタビュー「『Eye Play the Piano』プロジェクト」

記事を見る

世界初、目線の動きでグランドピアノを演奏!  ソフトウェア開発やイベントプロデュースで切り拓いた未来

2014

Oct. 6, 2014

ペットボトルの中にミニチュアで再現された世界ブランドに込められたコンセプトを伝える手法とは?

「世界のお母さんの知恵」と「キリンのひと手間」というブランドコンセプトで発売中の人気飲料水、キリン「世界のKitchenから」シリーズ。このスペシャルコンテンツの第一弾(ソルティライチ)と第二弾(Sparkling Water)の制作全般に関わった。ここでは第二弾を中心に、「ミニチュアで再現した世界」を制作した真意に迫る。

ペットボトルの中にミニチュアで再現された世界 ブランドに込められたコンセプトを伝える手法とは?

制作者インタビュー「キリン『世界のKitchenから in Bottle 〜 Sparkling Water スペシャルコンテンツ 〜』」

記事を見る

ペットボトルの中にミニチュアで再現された世界 ブランドに込められたコンセプトを伝える手法とは?

Apr. 21, 2014

「公式が病気」「JRAの本気が凄い」と言われた人気アニメとの大型コラボレーション施策の裏側

JRA(日本中央競馬会)が毎年11月に開催するGIレース「ジャパンカップ」、および12月のGIレース「有馬記念」をプロモーションする施策に、AID-DCC Inc.が参加。より多くの競馬ファンを獲得するために、人気アニメ『進撃の巨人』(講談社/原作:諫山創)とのコラボレーションを実現した。いかにして競馬と巨人が融合したのだろうか? ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「公式が病気」「JRAの本気が凄い」と言われた人気アニメとの大型コラボレーション施策の裏側

制作者インタビュー「JRA×進撃の巨人(2013年)『進撃のジャパンカップ』『進撃の有馬記念』」

記事を見る

「公式が病気」「JRAの本気が凄い」と言われた人気アニメとの大型コラボレーション施策の裏側

2013

Dec. 27, 2013

「必要な人に届けたい」思いを形に世界初、検索結果が「さわれる」次世代検索マシンを公開

Yahoo! JAPANの広告の未来を描くプロジェクトにAID-DCC Inc.が参画した。インターネットに「触る」という感覚を持ち込んだコンセプトモデル「さわれる検索」を企画開発。音声入力により認識された検索キーワードが、実際に立体物として生成されるユニークな検索サービスだ。制作スタッフや関係者のみなさまに、それぞれお話をうかがった。

「必要な人に届けたい」思いを形に 世界初、検索結果が「さわれる」次世代検索マシンを公開

制作者インタビュー「Yahoo! JAPAN さわれる検索」

記事を見る

「必要な人に届けたい」思いを形に 世界初、検索結果が「さわれる」次世代検索マシンを公開

Sep. 27, 2013

スマートフォンをコントローラに?PCと同期?なぜ、どんなWebサイトでも迷路ゲームにできたのか。

「World Wide Maze(以下WWM)」は、Googleのブラウザ/Chromeの機能を活用したプロジェクトをリリースするChrome Experimentsのコンテンツとして誕生した。スマートフォンとPCを同期させて、任意のWebサイトを迷路ゲームの舞台に変えることのできた開発力、そして求められた総合力について、制作陣に話を聞いた。

スマートフォンをコントローラに?PCと同期?なぜ、どんなWebサイトでも迷路ゲームにできたのか。

制作者インタビュー「Chrome World Wide Maze」

記事を見る

スマートフォンをコントローラに?PCと同期?なぜ、どんなWebサイトでも迷路ゲームにできたのか。

Jul. 29, 2013

長年に渡る総合的なプロデュースで新たなブランドイメージを構築

AID-DCC Inc.が関西外国語大学(以下、関西外大)の総合的なプロモーションツールのプロデュースを担当して、2013年で7年目を迎える。公式サイトや入学案内用のDVD、パンフレット、テレビCM、交通広告、ポスターのグラフィックを含め、全般の各メディア、PR対応などを担ってきた。これまでのプロデュースの過程に迫る。

長年に渡る総合的なプロデュースで 新たなブランドイメージを構築

制作者インタビュー「関西外国語大学」

記事を見る

長年に渡る総合的なプロデュースで 新たなブランドイメージを構築

Jun. 27, 2013

オンラインで真のブランドを作るためのシステム統合とプロモーション提案

2009年から、服飾ブランドとして知名度を高めるURBAN RESEARCH(以下UR)のブランド力強化プロジェクトに、AID-DCC Inc.が企画、制作、開発と全面的に参画している。プロジェクトの全体像ならびに基幹システムの統合について(Part1)と、オンラインストアやプロモーション施策について(Part2)、制作陣に話を聞いた。 オフィシャルオンラインストア 会員サービス「UR Club」 2012AW STYLE AtoZ

オンラインで真のブランドを作るためのシステム統合とプロモーション提案

制作者インタビュー「URBAN RESEARCH」

記事を見る

オンラインで真のブランドを作るためのシステム統合とプロモーション提案

Mar. 13, 2013

Web制作会社が実現した、シャトルバスを使ったアトラクション空間

2012年7月13日から9月22日にかけて行われた、アルコール飲料「ZIMA」のプロモーション施策。渋谷と六本木をつなぐバス「ZIMA PARTY SHUTTLE」の乗客と、Web上のユーザーとが一体になって体験できる空間全体を開発。Web制作の領域を超えたアトラクション開発の経緯に迫る。

Web制作会社が実現した、 シャトルバスを使ったアトラクション空間

制作者インタビュー「FUN FORCE | ZIMA PARTY SHUTTLE」

記事を見る

Web制作会社が実現した、 シャトルバスを使ったアトラクション空間

Feb. 21, 2013

ロゴからパッケージ、紙袋、Webまで。ブランド再構築がもたらした成果

創業150年以上を誇る「祇園つじりグループ」が製造、販売するお茶「祇園辻利」と喫茶「茶寮都路里」のブランディングおよびプロモーション施策を手がけたプロジェクト。ロゴやパッケージ、紙袋、Webなど、「祇園つじりブランド」のリブランディング構築によって、いかなる成果を引き出したのか。制作陣に話を聞いた。

ロゴからパッケージ、紙袋、Webまで。 ブランド再構築がもたらした成果

制作者インタビュー「祇園つじりグループ・ブランディングプロジェクト」

記事を見る

ロゴからパッケージ、紙袋、Webまで。 ブランド再構築がもたらした成果

2012

Dec. 28, 2012

独自ツールを開発しながら生み出した、インタラクティブMV制作の裏側

ロックバンドandropの楽曲「Bell」のインタラクティブミュージックビデオゲーム(2011年公開)は、ユーザーの入力する文字が動物のキャラクターとなり、それをユーザーが操作して進めていくWebコンテンツだ。このプロジェクトを成功に導いた「専用ツール」の存在を中心に、前後編の2回に分けて制作スタッフに話を聞いた。

独自ツールを開発しながら生み出した、 インタラクティブMV制作の裏側

制作者インタビュー「androp “Bell” music video game」

記事を見る

独自ツールを開発しながら生み出した、 インタラクティブMV制作の裏側