May. 2, 2016

NHKスペシャル「新・映像の世紀」

NHKスペシャル「新・映像の世紀」
  • NHKスペシャル「新・映像の世紀」
  • NHKスペシャル「新・映像の世紀」
  • NHKスペシャル「新・映像の世紀」
  • NHKスペシャル「新・映像の世紀」
  • NHKスペシャル「新・映像の世紀」

ABOUT THIS PROJECT

NHKでは20年前、世界中のアーカイブス映像を使った特集番組として「NHKスペシャル 映像の世紀」を放送しました。その後も映像アーカイブスの整備と情報公開が進み、未公開映像が続々と発掘されています。今回、新たに発掘した映像を最新のデジタル技術によって修復、新シリーズとして薄れゆく人類の記憶をよみがえらせました。「NHKスペシャル 新・映像の世紀」は2015年10月25日からスタート。2016年まで毎月、全6集に渡って映像で歴史を追体験していくシリーズです。

スペシャルサイトでは、放送分に加え、未放送の映像も含めた膨大な映像クリップをアーカイブ化し、それを自由に閲覧することができます。
「映像と出会う」ではランダムに配置された映像クリップから気になる映像を選択することができ、また「映像を探す」では、番組・年代・人名・国・キーワード・フリーワードで検索して見たい映像を選び出すことができます。

冒頭のレンズに没入する演出から世界観に入り込み、300以上もの映像を通じてユーザーに新たな歴史的視点を感じてもらう、また教育的側面からも「活字でしか見たことの無かった歴史」を映像で体感することで歴史との繋がりを強く感じてもらうことの意義は大きいです。
さらに、2016年1月15日から17日までの期間実施されたイベント「体感する 新・映像の世紀」では、ホワイトスクリーンという手法を使って、ウェブサイトの世界観をリアルな体験として提供しました。

『新・映像の世紀』というコンテンツから、過去を知り、そこから現在までの繋がりを感じ、そして未来を考える。
このウェブサイトが正にそのきっかけとなるように、チーム一丸となって制作いたしました。

AWARD

CSS Design Awards Site of the day

Awwwards Honorable Mention

2016 56th ACC CM FESTIVAL インタラクティブ部門 マスメディア×インタラクティブ賞

2016年度 グッドデザインアワード グッドデザイン賞

CREDIT

  • 日本放送協会

    Client

  • 小澤 泰山(NHK)

    Chief Producer

  • 森内 大輔(NHK)

    Creative Director

  • 服部 竜馬(NHK) / 遠藤 正樹

    Planner

  • 池上 敦子(NHKエンタープライズ)

    Contents Manager

  • 重政 直人(AID-DCC)

    Producer

  • 徳本 彩花(AID-DCC)

    Project Manager

  • 米良 雄介(AID-DCC)

    Director

  • 田渕 将吾(AID-DCC)

    ArtDirector / Designer

  • 有吉 学(AID-DCC)

    Designer

  • 大橋 將史(AID-DCC)

    Technical Director

  • 芦川 能純(AID-DCC)

    Frontend Engineer

  • 森崎 健二

    Frontend Engineer

  • NHKエンタープライズ

    Event Produce

LISTに戻る

SHARE